放課後に学べる環境|険しい道のりに挑む医学部の卵|予備校に必要な学費

険しい道のりに挑む医学部の卵|予備校に必要な学費

放課後に学べる環境

勉強道具

一人一人に合う勉強を行う

エフラボとは、学校が終わってから放課後の時間を使って生活能力を向上させながら色々な学習が出来る場となっています。決まったスケジュールがなく、生徒一人一人に合わせた授業が行われます。それぞれ学校で出された宿題もエフラボで指導を受けることも可能です。生徒によって、得意なことと不得意なことは違うのでその生徒に合わせた勉強のサポートが大事になります。指導内容や過ごし方は、相談しながら生徒に合うように工夫して独自のカリキュラムを作ると良いでしょう。指導者とその都度確認しながら成長を確かめることも大切です。そうすることで、学校での勉強はもちろんのこと社会生活も円滑に送れるようなスキルを身につけることが出来ます。

専門的なサポートを受ける

エフラボの指導者は、専門資格を有する人が在籍していて幼稚園や小学校、中学校の教諭免許を取得している人やレクリエーションインストラクター、介護福祉士などが居ます。そのため、エフラボでは発達障害があり上手くコミュニケーションが取れない子供や社会生活に馴染めない子供の指導も積極的に行っているのでサポートを受けることで安心して子供の成長を見守ることが出来ます。授業になかなかついていけない子供や一つの科目を極端に苦手にしている子供、集団に溶け込めない場合や上手く感情をコントロールできない子供なども頭脳と心を鍛えることで健全な発育を促します。社会生活を送る上で必要な物事をしっかりと学び、充実させることが可能です。