険しい道のりに挑む医学部の卵|予備校に必要な学費

放課後に学べる環境

勉強道具

エフラボは、生徒が放課後を利用して学習できる場のことを言います。一人一人に合う勉強を指導者と相談して試行錯誤しながらサポートすることで、生徒の成長につながります。専門的なサポートが受けられるので安心して子供の成長を見守ることが出来ます。

もっと見る

成績を上げてもらえる

勉強

和歌山県に住んでいる人の中にも子供のために家庭教師を雇うご家庭が沢山あるので、和歌山県には沢山の家庭教師センターがあります。ですから和歌山県に住んでいて家庭教師を派遣してもらいたいと思ったら、直ぐにセンターに連絡をして子供に合った教師を派遣してもらうのが良いです。

もっと見る

大手より値段は高め

勉強

合格が最優先

医学部は一朝一夕には合格できません。そのため、多くの人は予備校も利用して勉強し、合格を目指します。医学部専門の予備校は、一般の予備校よりも学費が高めであることが多いです。これは、医学部はより難関のため、個別指導の回数が多かったり、専用の講座を開いていたりするためです。学費だけを見て一般の予備校にする人もいますが、やはり専用の学校の方が合格率はあがります。結果的に落ちてしまったら、さらに受験費用や学費がかかることになり、逆に高くつきます。そのため、予備校を決めるときは、どこを使えば合格できるのかを考えて、自分にあっているところを探すのが重要です。そのためには、ある程度高くてもサポートが充実していたり、自分にあっていると感じられるところを選びましょう。

早期割引なども活用して

医学部専用の予備校を探すときは、学費だけで選ぶのはよくないと言いましたが、学費を浮かす方法もあります。一つ目が早期割引です。早期に申し込むと、その分割引が効くことが多く、通常より低価格で受けられます。その分早く勉強をスタートできるため、ライバルと差をつけられるというメリットもあり、おすすめの方法です。二つ目が特待生制度です。特待生制度とは、予備校内の条件を満たすことで学費が免除されたり割引になったりする制度のことです。自分には無理だと思う人もいるかもしれませんが、何事も試してみないとわかりません。受けるだけなら無料なことも多いので、積極的にチャレンジしてみるとよいでしょう。こうした方法で工夫すれば学費を抑えることも可能です。

首都に増える通信制の高校

先生

東京では、通信制高校が増加しています。その大きな理由として、サポート校が通信制へ移行している事例が挙げられます。最近の通信制高校はサポート校を必要としなくなり、切り離されたサポート校が通信制へと格上げしているのです。通信制では、悩む生徒や親へのバックアップ体制がしっかりしています。

もっと見る